財テク・資産運用

みんなの知らない財テク情報
FX ブログ 外国為替証拠金取引でも日本国内での初期の頃は、限月制の取り扱いもあったが、現在では限日制(ロールオーバー制)が一般化した。

財テクと複利運用

財テク・資産運用の初心者の方に「複利運用」の仕組みについてご紹介したいと思います。様々な資産運用ブログでも複利運用の大切さについては、説明されていますが、ここでも分かりやすい説明を試みてみましょう。年利3%とした場合、100万円を投資して103万円返ってくる計算になります。たかが3万円と思われるかもしれませんが、財テクを行う上では、小さな利益もおろそかに出来ません。銀行に預けておくだけでは、ほとんど増えないことを考えると年利1%でも立派な財テクです。

年利と複利運用

さて、本題の複利運用ですが、年利3%で10年間、単利運用した場合と複利運用した場合を比較してみましょう。

単利運用
計算式……100万円×(100万円×3%×10年)=130万円
複利運用
計算式……100万円×(1.03×1.03×……×1.03|10年)=約134万円

このように、10年で約4万円の差が出ることになります。単利で運用したことを考えると、1年間の時間短縮が可能になったわけです。100万円で3%の場合でこの差ですから、財テクに慣れてきて、元本を増やしたり、年利を5%、10%と増やしていけば、その差はどんどん大きくなっていきます。財テク・資産運用では、1%の差が大きな差になっていくことがお分かりかと思います。1年で資産が1.5倍になった!というのは財テクではなくギャンブルです。少しずつ財テク経験を積んで、年利を数%ずつ上げて、複利運用していくのが財テクの王道ではないでしょうか。

財テクとライフプラン

ライフプランという言葉をお聞きになったことがありますか?人生設計とかマネープランなどと言われることもあります。これからの人生で起きるイベントを想定して、計画をたてることです。誰でも、将来こんな生活をしたいとか、いついつまでには家を買いたいとか、子供の教育のことなど夢や希望があるはずです。こういった人生のイベントを計画する際に、お金の面からプランを立てることをマネープランと言います。人生の夢や希望を実現するために必要な金額を見積もって、いつ頃、いくら必要で、どのようにお金を準備していくかを具体的に計画していくのがマネープランです。

マネープランのベース

マネープランのベースとなるのは、ライフプランと呼ばれる個人や家族の将来の予定を時系列にまとめた表です。家族を含めたライフイベント表を作成することにより、いつごろどれくらいのお金が必要かが明確になります。これをもとにして、今の資産、将来の資産を様々な投資先に分散投資して行きましょう。例えば、小さなお子さんがいて、10年後に大学進学を予定しているならば、定期預金を組むとか、貯蓄型の学資保険にするかなどと検討するわけです。生まれたばかりのお子さんがいる場合には、小学校入学、中学校入学、高校入学、大学進学など具体的な期間が設定出来ますので、子供の成長に合わせたマネープランが作りやすいので、ぜひ実行してみましょう。イベントと必要な資金を見積もったら、それに合わせた投資先を探していくわけです。

国債

国債とは、国が発行する債券のことです。財テク初心者にもオススメ出来る商品の一つです。国債は証券会社等で誰でも購入できますが、最大の特徴は「安全」です。なにせ発行元が国ですから、これ以上の「保証」はありません。しかし、国債は安全である一方あまり投資効率が良くないというデメリットもあります。分散投資、リスクヘッジという意味でポートフォリオに組み入れる意味は多いにあるでしょう。

定期預金

定期預金とは、一定期間払い戻しをしない条件付きの預金のこと。一定期間払い戻しをしないという約束をするので、普通預金よりも高い金利が設定されているのが特徴です。当面、使わないお金がある場合には、定期預金もポートフォリオに組み入れるといいでしょう。

外貨預金

外貨預金とは、日本円を米ドルやユーロなどの外国通貨に交換して外貨で預金すること。現在、日本円は低金利ですので、相対的に金利が高い外貨預金の金利は魅力です。為替動向によっては、金利に加えて為替差益も期待できます。また、外貨預金は仕組み自体がシンプルなので、財テク初心者にも始めやすい商品です。

投資信託

財テク・投資と聞くと、株式・債券・不動産投資を思い浮かべると思います。しかし、財テク初心者の場合には尻込みしてしまうケースも少なくありません。曰く、リスクが恐いとか、よく分からないというのが主な理由です。そこで財テク初心者にオススメなのが、「投資信託」です。投資信託とは、投資家から集めた資金をもとに「販売会社」・「運用会社」・「管理会社」の3者が役割を分担し、効率的に資産運用する仕組みです。投資のプロであるファンドマネージャーが投資家に代わって運用してくれるので、特に金融に関する俊樹や情報を持っていなくても大丈夫なのも魅力です。

投資信託の始め方

財テクとして投資信託を始めるには口座を開設しなければいけません。投資信託を販売しているのは証券会社などですが、その証券会社に口座を開設する必要があります。証券会社で口座を作った場合には、通常の株式取引と同じ口座で投資信託以外の業務を行うこともできますので、まずは口座を開設しましょう。口座を開いたら、投資信託を選びます。投資信託の商品を検討・比較して選びましょう。投資信託は商品によっては購入可能な時期と解約可能な時期が異なっています。投資信託はいつでも購入したり売ったりすることができる商品もありますが、売買が制限されていることもありますから、事前に確認しておきましょう。

投資信託の種類

投資信託には様々な種類があります。投資信託は積み立て投資信託と一括投資信託というタイプの商品があります。積み立て投資信託は毎月少しずつ投資するというもので、一括投資信託は、一括で購入するタイプです。

投資信託の買い方

そして投資信託を始める準備が出来たら、次は投資信託の買い方です。投資信託は基準価額があるので、1万円から投資を始めるということになります。

投資信託の選び方

投資信託を選ぶ際には、まず自分がどんな投資をしたいのか目的をしっかり立てましょう。投資信託の期間は10年以上、または無制限の長期的な商品から、単位型と呼ばれる投資信託の場合は、5年から7年くらいの期間で投資を行います。投資信託を選ぶときには、自分がどれくらいの期間投資をしようと考えているのかということもポイントの一つになります。

投資信託のメリット

小額からの投資が可能
一般的に日本株を買う場合、20万程度のお金が必要となりますが、投資信託なら1万円程度から可能。
分散投資が可能
投資信託なら広く銘柄を買えるので倒産等のリスクをコントロール可能。
専門家に任せることができること。
投資のプロのファンドマネージャーが運用してくれるので、個別銘柄の選定や銘柄の入れ替えに頭を悩ませずにすみます。
対象商品が広く選べること。
日本株、アメリカ株、中国株、インド株、外国債、不動産など投資信託ならワールドワイドに投資することが可能。

投資信託のデメリット

コスト
投資信託を購入する際の販売手数料と信託報酬がかかる。運用の専門家を雇うのでその分の費用がかかるということです。
運用成績が落ちるものがあります。
注目ニュース

最新情報

ワンルームマンションから、駐車場付きの店舗物件など不動産にかかわることなら、ぜひ浦和 賃貸にお任せください 。未公開の物件も多数ございますので、どうぞお気軽に浦和 不動産のお問い合わせしてください!スタッフ一同、お客さまのお手伝いを喜んでさせて頂きます 。もちろん浦和以外でも大丈夫です!私どもの豊富なネットワークで、敏速にご要望の物件をご紹介いたします 。お客様のご要望に沿ったご提案をさせていただきます 。